読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「SPIDER-MAN: HOMECOMING」スパイダーマン:ホームカミング Trailer



本当にガンケが出ている。ちゃんとデス・スターのレゴ(Ultimate Comics Spider-Man #15 参照)らしきモノまで持ってる(落としてる)。
今回は少年スパイダーマンが一人前になるために奮闘する物語のようで、雰囲気は全体的にアルティメット版のマイルス編によく似ているように思える (ピーター編は未読)。マイルス編を読んでた身としてはアレに準拠してると嬉しい。加えてMJが黒人女性だったりヒスパニックやアジア系も従来のシリーズより比率高め(に見える)だったり、とPCに思い切り配慮してるところが先日まで地上波放映していたドラマ版「フラッシュ」にも近い印象。いや実際TVドラマみたいな画面だな。
今回の敵はバルチャーだけど、以前サム・ライミがシリーズを降りた原因の1つとして噂にあったバルチャレス(女バルチャー)の登場は無いみたいだ。
トレーラーにあるアイアンマンと並んで飛んでるシーンは映画のラストカットじゃないかと予想している。AMS2の例もあるし。

          • -

情報によると黒人少女はヒロインではあるもののMJではないらしい。またピーターの友達はネッド・リーズだという。そうか。キャラ設定だけマイルス編を取り入れて、名前はあくまでもピーター編に準拠するんだな。確かにガンケとしてそのまま出すのは無理があるかもしれない。でも原作のネッド・リーズとは本当に名前が一緒なだけっぽいな。
それはそうと、このMCUにマイルス君はいるのかな。

Wayward #18


ウェイワード #18 (電子版)
今作の猫娘であるアヤネは野良猫の生命力を取り込んで生き続けているという設定らしいが、アイルランドの猫とは意志が通じないのでその妖力が発揮できず、戦いで受けた傷が治らないのだった。
あと、アイルランドスラングとか度々出るのでキツくなってきたぞー

Wayward #17


ウェイワード #17 (電子版)
舞台は日本へ戻って、#15の戦いの後それぞれがどのように逃げたかが描かれる。
巻末コラムは日本のラブホテルについて(笑

Wayward #16


ウェイワード #16 (電子版)

4th arc 第1話。
#15の続きで、舞台はアイルランド
困った事に途中、アイルランド語のセリフが出てくる。Google翻訳でなんとなくわかる感じだが…


日本人による水木タッチのイラスト(笑
今作の雰囲気は水木しげるというより宮崎アニメっぽい気もするけど。

Apple iPad Pro 9.7インチ Wi-Fi 32GB シルバー

Apple iPad Pro 9.7インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル MLMP2J/A 32GB シルバー MLMP2JA
用途は電子書籍と絵。出先でネット接続で使う予定なし。のためこのモデルを選択。
AppleはCMであたかもiPad Proをもう一つのPCの様に宣伝してるけど、タブレットはあくまでタブレットであって、いくらスマートキーボードを付けたところでPCの代わりにはならない。と思う。

名探偵再登場

名探偵再登場 [DVD]
「名探偵再登場」[BS]
これも大好きだった。そしてこれも字幕版は初見。吹き替え版で見覚えのないシーンは、これに関しては無かったかな…。
やはりこれも吹き替え版の方が面白かった。(そもそも何で最初にピーター・フォーク小池朝雄があてたのか。声が全く似てないのに。実際に映画などでくたびれた刑事の役とかが多かったのかな。でもそのせいで原語で聞いた時の違和感ナンバーワンになってしまったし、もう戻せない。)
さらにそして、今作も理屈がどうとか言っても意味ないのだな。元々、誰がどういう目的でどういう手順で何をしようとしていたのか、とか改めて考えようとしてもサッパリ分からないのだった。
でも面白いのだった。
いやちゃんと考えれば分かるのかもしれないが、それを順序立てて追ってみたところでこの映画の持つノリが失われるだけで意味ない気がしてやめた。

名探偵登場

名探偵登場 [DVD]
「名探偵登場」[BS]
大好きな映画だった。昔TV放映された吹き替え版は何度も観たがノーカット字幕版は初めて観る。
冒頭付近、到着前のワンとチャールストンが会話するシーンは初めて見た気がするが…。それ以外は全くTV放映版と一緒で、当時から不明確だった部分(ペリエがバトラーの服を着たシーンが、昔から謎だった)で新たな発見があるかと思ったがそれは無かった。
というか今回改めて観て思ったのは、細かい辻褄やトリックの説明は今作については追求するだけ野暮、おおらかな時代の軽いコメディと思って観るべきなんだな。セリフにもある通り、「最後の5ページで犯人初登場とは読者を馬鹿にするな」という、ミステリー愛好家からの名探偵たちへの積年の恨みを晴らすという手の込んだギャグ&オマージュ、ってことでいいんだろうな。
あと、やっぱり昔観た吹き替え版の方が何倍も面白かった。字幕だと細かい言い回しやニュアンスがどうしても省かれてしまう。それに今作は今から見れば吹き替えもオールスターキャストで名人ぞろいだったなあ。テレ東あたりでまた放送しないかな。