GODZILLA ゴジラ[2014] DVD2枚組
ゴジラ
N市 Tにて
アメコミ映画の1作目といった感じ。
ゴジラの余りにヒーロー然とした佇まいに、見ていてムズムズしなくもなかったが…
ストーリーほとんどゼロ。
メッセージの塊だったオリジナル1作目に比べると、今作はこれもゼロ。
米版前作と違い、今作は怪獣プロレス時代の正義の味方ゴジラの要素が濃い。というか、平成ガメラにすごく近かった。ルックスも。
バトルはひたすら痛快で、よくまぁこんなの作ったもんだ。
それにこのパターンならいくらでも続編作れるね。これなら確かに、今後モスラキングギドラが出てきてもおかしくない。
怪獣がデジタル機器を無効化する、という設定が良かった。今回のゴジラ(怪獣)のメタファーは「自然の脅威」一本に絞られてるようで人類の無力さが結構、描かれていた。でも米軍は活躍させなきゃいけないんだろな。ただその活躍も、核兵器が効かない時点で出来ることが限られてしまったからか、自分で起動させた核爆弾を解除しに行くだけという地味なもの。しかも失敗&爆発。DKR共々、あんな近い距離で大丈夫か。
それも含めて、やっぱり核兵器の扱いがちょっと…冷戦時代の核実験もファンタジー化してしまったし。
とはいえ日本人による反核セリフも一応あったので、まだマシか。
なんか細かい事を気にするのが野暮にも思えるし。
MUTOの姿を見て「ゴジラvsクローバーフィールド」やん!などと思ったなんて絶対言わないし。
こうなったらこの感じで続編もトバして欲しい。
あと大きな不満は、客!地方都市&公開から3週間&平日昼間、とはいえ夏休み中なのに10人位しか居なかったのがさびしい。映画館には大勢いたんだけどな。ドラえもん観てたのかな。