読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画@TV (2014.12)
ゼロ・グラビティ [DVD]
ゼロ・グラビティ」[BS]
一人の女性がもう一度力強く生きる決意をするという話、に見えた。劇中で描写される技術は正確に現在のものというよりも少し未来か、現在ではあるが多少嘘を混ぜたもの、と思われる。嘘を混ぜてでもこの話を作りたかったんだろう事は伝わった。それが映画館で3Dで、ではなく家で平面のTVで、映像の衝撃度9割欠けでこの映画を観た感想。
宇宙での事故を扱った映画だと「アポロ13」の方が好きだ。なんといっても実話の凄みがあった。
パシフィック・リム [DVD]
パシフィック・リム」[BS]
最後が「インディペンデンス・デイ」と全く同じやんけ。最近こういうの多すぎる。手抜き脚本。巨大ロボもハリウッドが作ると巨大重機にしか見えないから見た目が殺伐としていてワクワクしないし全く乗りたくない。まさに「トランスフォーマー」以降、という感じ。KAIJUも単に巨大生物だし。怪獣の動きやディテールは既存の動物を模さなくてもいいんだよ。怪獣は怪獣なんだよ。わかってないな。あと色が全部、灰色なのも嫌。それが映画館で3Dで、ではなく家で平面のTVで、映像の衝撃度9割欠けでこの映画を観た感想。
'14年版「GODZILLA」も同じ事が言える。いいんだよゴジラの口の端にトカゲみたいな薄い膜なんか無くても!
あしたのジョー <Blu-ray>プレミアム・エディション(特典DVD付2枚組)
あしたのジョー」[地]
主役の顔をボコボコにしたくないのなら、この原作を元から選ばなければいいのに。