読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン

リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン

リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン

¥3.240
Lにて
この手の、既存の有名作品のキャラや歴史上の人物が国や時代を超えて大集合する話が好きだ。「名探偵登場」とか「シュレック」とか「魔界転生」とか「怪物くん」とか「とんち番長」とか。ストーリーは二の次で、とにかく大集合しているだけで楽しい。
今作は映画版の方を先に観ていた。よく言われる通り原作とは全く別物だと今回わかったけど、あの映画は結構好きだ。でもまともな映画好きからは駄作扱いされていて悲しい。まあ今にして思えばあの映画は、キャラクター使用料のいらない「アベンジャーズ」だった。
読んでみて思ったこと。絵のタッチがなんとなく黒鉄ヒロシに似ている。ドリアン・グレイは出ないんだな。マリーの能力の説明がないから、今作を読んだ限りだと何故メンバーに選ばれたのか分からないな。まあ囮とか色々役には立ってたけど。今作のキャラを無理やりアベンジャーズに当てはめるとクォーターメインはキャップ、ネモ船長はアイアンマン(というかトニー・スターク)、マリーはブラックウィドー、ジキル博士はハルク、透明人間はアントマンかな(人にバレずに潜入できるから)。ボンドがフューリー。フー・マンチューは当然マンダリンで、「M」はレッドスカル。それだとキャップはあの人の弟になってしまうか(ネタバレなので一応ボカす)。シールドっぽい諜報局が必ずしも信用できる組織ではないのもアベンジャーズっぽい。あと、ケーバライトはコズミックキューブだな。
日本版をつくるとしたらどうなるか。桃太郎、金太郎、浦島太郎、一寸法師かぐや姫、が一堂に会するとか。浦島太郎はなんの能力も無いけども、「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪大統領のように、玉手箱の煙を武器とする。それだと花さかじいさんも使える。あの灰の能力を拡大解釈して。かぐや姫も特に何の力も無い。でもヒロインは必要だ。あの丸い球体(UFO)を皆の乗り物にするとか。カチカチ山の連中もマスコット的なキャラとして。
敵のボスはどうするか。おとぎ話で最大の悪役は?鬼ヶ島の鬼だと普通過ぎる。権力者ってのも違うし、説教臭いのも嫌だ。いっそのこと、いじわるじいさんでいいか。
これに歴史や文化人類学的な蘊蓄や風刺をてんこ盛りして展開するような、そんな話がみてみたい。
「赤兵衛」「新撰組」とかのノリで黒鉄ヒロシに描いてほしい。