先日スターウォーズのトレーラー第2弾が公開されたので、今の感想を覚書きする。


根本的な疑問として、何でまだストームトルーパーがいるの?Xウィングが、タイファイターが何でまだあるの?なんか、旧来のファンがモロにターゲットにされてる気がする。
ルーカス本人によるあの新3部作が旧3部作とかけ離れたものだったので当時がっかりしたのは確かだが、今度は近すぎる。必要以上に「旧」要素を盛り込み過ぎなのでは?原作者の手を離れた途端、ここまで露骨に「ファンがあの時本当に見たかったSWの新作」風になってしまうとは。
原作者とファンでは「好き」のポイントが違うから、なまじ今の原作者本人が作るとトンでもないモノになっちゃうという点では、ガンダムシリーズに近い。そういう意味では今度の新作はガンダムユニコーンみたいなものか。世代が進んだ事によりようやく実現した、原作者よりも作品のツボを知り尽くしたファンによる、ファンのための公式二次創作。原典への愛と尊敬に溢れ、それゆえに決して原典を逸脱する事は無い。
それはそれで見てる分には快感なのだが、そこまで行くともうこの先広がっていく事はないのだな、という一抹のさびしさも感じる。今後は閉じた世界の中で優秀な元ファンによって再生産され、古典芸能化していくのみなのかなという。


そうそう。前回の新3部作での原作者による最大の勘違いを踏まえた、今回の特筆すべき修正点。マスコットキャラを、またカワイイロボットに戻した事。だいたいあの不快なだけの気持ち悪いナマズ男が、人気者になるとルーカスは本気で思ってたのかね。