読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー, GODZILLA

映画@TV 2015.09
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014)[DVD]
2時間だった事に驚いた。やけに長く感じたなー。観ている間は楽しんだし、感動もしたのは確かだが…自分はなんかうまくノれなかったみたいで残念だ。
オープニングからタイトルまでで大傑作の予感がしたんだがなあ。このドライで無責任なノリが最後まで続いて、しかも今時なCGを駆使したスペースオペラの画面に '70年代のチープなヒット曲が全編に渡ってガンガンに鳴り響くとしたら確かに新鮮かも、と思ったら中盤から結構ウェットになったりして、音楽も大半は普通のサントラっぽいBGMで、割とどうでもいい王道なラストを迎えて普通に観終わってしまった。とにかく面白かったのは確かだが「マーベルでなかったら観なかった」の典型的な一本だな、自分としては。
しかしコミックスでは元々どマイナーだったGoGを「インフィニティ・ウォー」に至るMCUの重要なキーの一つにしようなどと、よく考えたものだ。しかもキッチリ商業的に成功させてしまうのだから、マーベルスタジオの勢いには恐れ入るしかない。


GODZILLA ゴジラ[2014] DVD2枚組
GODZILLA」(2014)[地]
地上波放送されたので、再見。TV画面で改めて冷静に観てみると、驚く程シンプルな流れだった。後半はゴジラ・敵怪獣がディズニーなどの擬人化された動物の如く、非常に分かりやすく動いてくれる。ゴジラ、1対2でピンチ→主人公、敵の気を引く→ゴジラ逆転→主人公、敵の恨みを買いピンチ→ゴジラが助ける→主人公とゴジラの目が合いお互いを認識、といった具合に。公開時にあった議論「ゴジラは人類の見方か否か」問題も、実はどちらの意見の人も納得しやすいよう作られていたのだと感じた。ゴジラは人間など眼中にない神の様な存在だと思いたい人にとっては偶然助けたように見えただけだと言えるし、怪獣プロレス大好きでゴジラ=ヒーローな人にとっては人間(特に主人公家族)をわざわざ助けてくれたようにも見える、と両者の顔を立てた(?)作りだったと思う。ただ、「どっちにしてもゴジラじゃなくて平成ガメラじゃねーかよ」という人には不満だろうが。