シン・ゴジラ


シン・ゴジラ
N市にて
面白かった。観る前から、今度のゴジラは人間なんじゃないかとなんとなく予想していたら、当たらずとも遠からじ、か?
ストーリーは皆無と言っていいかも知れないが初の完全リブートで久々にゴジラ一匹だけで2時間の映画を成立させ、しかも退屈させず超面白いのが凄い。また'54年オリジナル版以降としては、ゴジラの意味合いが日本人にとって最もリアルに感じられる初めての作品では。まさに今作られるべくして作られた映画。大満足だった。
それにしてもやはり怪獣の事は日本人が最も良く理解してる。それはCGになっても同じだった。エメリッヒ版は言うに及ばず、ギャレス版やパシリムなどのハリウッド製怪獣映画とは根本的に違う。アチラ製だと、どうしても描写がどこかしら既存の動物をモデルにしていて、「巨大生物」の域を出ないんだよなー。リアル過ぎてかえってロマンが無い。結局あの「着ぐるみ感」が怪獣かどうかの決め手なのかもしれないな。少なくとも自分的には単に巨大化した二足歩行のトカゲ(CG)、とかだとどんなにリアルでもあまりアガらないのだ。
あえて気になった事と言えば、中盤、絶望的な状況が続く中、生き残った主人公チームが相変わらず序盤の政局のウダウダの続きを話したりして「こんな時にまだその話?!」と思ったり。あと、もう言いたくもないが石原さとみ。この人がどうというよりも、芸能界はアイドルを役者という設定で演技させるのもうヤメロ。作品の質を落とすだけ。
でもまあそんな事は本当はどうでも良くて、それより今作が「日本で本気で作られた最後の特撮映画」になるような、少なくとも本田・円谷の意思を直接継いだものは今後はもう出てこないのでは、という気がして一抹の寂しさを感じるのだ。一つの時代の終焉…というか元々とっくに終わってたものを今回一度きりの復活で狂い咲きさせた、みたいな。最後がゴジラで良かったと言うべきか…