進撃の巨人 ATTACK ON TITAN / 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN  DVD 通常版
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」[BS]
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド DVD 通常版
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」[BS]
ゴジラのついで?に観る機会があったので。
よく言われているような「特撮はともかくドラマパートの演出が、役者の演技がクソ」とは全然思わなかった。特撮は確かに良い。でも演出はクソと言うより、良くも悪くも典型的B級日本映画といった感じで、役者なんかは指示された通りにやってるだけだろうから、批判されたっていい迷惑だろう。(ただしヒロインのミカサだけは救いようの無い大根で、あの演技以前の棒読みセリフは口を開く度、巨人を凌ぐ破壊力。)
じゃー何がクソかって、それは圧倒的に脚本。
各キャラの人物描写・人生観・価値観がどれも薄っぺらく類型的。そもそも主人公の行動原理が謎(これは物語として致命的だと思うんだけど…)。メッセージも管理社会批判に破壊願望、承認欲求、と古臭い上に独りよがり。2000年代を代表する超ヒット漫画の満を持しての実写化なのになぜこうもアナクロで凡庸なの?
何より驚いたのは後編。「この世界の真実」を説明ゼリフで延々と語る語る。謎を断片的に明らかにしていくミステリー要素などの仕掛けは無理だったようだ。
トドメが、頼みもしないのに映画のそこかしこに節操なく無意味に無造作に出てくる古典・過去の名作へのオマージュの数々。必然性ゼロの単なる羅列で、目的と手段を完全に取り違えていてひたすら不快。第一、そういう類の事する映画じゃない気がするんだけど。つーかクライマックスのアレ何?まさかガンダム?はぁ?!ここまで時間かけて見た事を心底後悔した瞬間だった。
もうこんな脚本に付き合わされた役者と監督、それと原作者に同情するしかない。
急遽2本に分けたせいでグダグダになった、と言うのなら、今作の脚本家が出演中のTBSラジオに縁のある、スクリプトドクターなる人を紹介してもらえば良かったのに。診断してもらうのは別に恥ずかしい事じゃないらしいよ。
そうしてどうにか2本目のエンドロールまで見切って(ここの音楽は良かった。)やれやれと思ってると最後にカクッとズッコケる事になる。え〜、続くの〜?とことん期待(マイナスの)を裏切らないなぁ。
ともかくそういう意味でも「シベ超」の真の後継者の出現である。生暖かく祝いたいと思う。